コンセプト

~経営者と従業員をつなぐ蝶番(ちょうつがい)社労士~

経営者の皆さん、何時も眉間にしわを寄せて怖い顔していませんか?
従業員の皆さん、社長や上司の顔色をうかがって言いたいことも言えないなんてことありませんか?

コミュニケーション力が大事……頭ではわかっているけど、具体的にどのようにすればこうした壁は無くなるの?と言った問題を抱えていらっしゃる経営者様・人事労務担当者様のお話をよく伺います。

言いたいことも言えない職場では、幸せなワークライフを送れません。
コミュニケーション力とはテクニックです。基本さえ学べばどなたでも応用できます。
そして、このコミュニケーションスキルこそが、職場に笑顔を産み、従業員のモチベーションをupし生産性を高めることにつながるのです。

児玉伸也社会保険労務士事務所では、企業に不可欠な“人”“物”“金”の3Mから、“人”にスポットを当て、
①幸せに生きるためのマインド作り
②企業人として必須のビジネススキル
③社会人として恥ずかしくないビジネスマナー

を3本の矢として、社内のコミュニケーションスキルをupすることにより、経営者の皆さんも従業員の皆さんもwin-winシチュエーションとなれるような企業の土台作りのお手伝いをさせて頂きます。

その他経営者の皆様の身近なパートナーとして人事労務管理、就業規則の作成、助成金の申請、人事制度・賃金制度の設計、労働・社会保険手続き代行・給与計算代行など、手軽で便利な社労士としてお手伝いさせていただきます。

プロフィール
(代表 略歴)
児玉 伸也(こだま しんや)

静岡県御前崎市出身、在住。
法政大学経済学部卒業後、化学会社に勤務。
会社勤めへの疑問を感じ、自分の本当にやりたかった事は何だろう?と自問自答を繰り返した末、20代半ばにして退職の道を選び、東京都世田谷区において飲食店を経営する傍ら、イベントプロデュース業にも専念。
経営者としての哲学・人に喜んでいただくための企画力・人材を雇うノウハウを身に付ける。

2007年に親の介護のために、悩みに悩んだ末、店舗を閉めて故郷である御前崎市にUターン。
人材派遣企業にて、人事・労務の管理業務のほか、派遣社員の採用・定着・教育支援を行い、人材派遣業のノウハウを学び、人材派遣業の実態に精通するようになる。
2012年社会保険労務士試験合格。2015年特定社会保険労務士附記。

人間関係の全ての問題はコミュニケーション力の欠如に起因すると位置づけし、コミュニケーションとは何か?を学ぶため、米国在住のアサーションテクニックコーチのリカビヤセニョール氏に師事。
清掃会社での人事・労務・財務の仕事をこなしながら、現場における安全衛生活動・労災の防止対策・リスクアセスメントの評価・ヒヤリハットの抽出を実践し、安全衛生に対してのプロフェッショナルとして従業員の意識の向上をアサーションテクニックを駆使して現場に展開する。

更にコミュケーション力・圧倒的な成果を出せるビジネススキル・マインドを学ぶため、株式会社divによるuncommon講座を受講。
問題発見~解決策の提案にいたる思考力である具体⇔抽象(仮説思考)、相手に確実に伝わる正しいビジネス文章の書き方、心を動かすコミュニケーション力・プレゼン力、人間としての成長を促すマインド力を学び、uncommon公認ファシリテーターを取得。

又、仕事をする上で最低限必要なビジネスマナーを通じて、人間関係を円滑にするためのコミュニケーション力・作法・人を不快にさせない基本的な礼儀を学び、BMC公認ビジネスマナーファシリテーターを取得。

コミュニケーションとは技術であるをモットーに人と人とが常にコミュニケーションを意識しながら、最大限の力を発揮できて、働くことに喜びを感じ、生産力のupにつながるノウハウを伝授するため日々奔走している。

社労士業務の他、御前崎の海を綺麗にするためのボランティア団体“心がすっきり夢拾い”活動や、若者の就労支援ボランティア団体“サポステ掛川”にも参加。

地元貢献・他者貢献を座右の銘にして活動しております。